いかすみのひとり言

興味ある事、気になる事の防忘録

北九州チャンピオンズカップ

大会二日目を観戦に行った
3日間で日本・韓国・メキシコ・トルコの4カ国で総当りの予選を行い
3日目に対戦成績で優勝決定戦と3位決定戦の2試合が行われる。
今回は日本の宮城MAX含め代表チームはクラブチームでした
韓国 55×85 トルコ
メキシコ 62×82 日本の二試合を観戦
バスケらしくオフェンス・ディフェンスの素早い繰り返しもあるし
ポジション取りは、激しく
観戦するスポーツとして楽しいものだと思います。


会場では車椅子バスケの体験コーナーもありましたが
車椅子でのフリースローは見ている印象ほど簡単ではありませんでした
座ったままだと、なんとかループに届く球を投げるだけで
コントロールなんてまったく定まりませんでした。


ここ2年は観戦の機会がなく久しぶりの観戦でしたが
少し会場の雰囲気が寂しくなっているような気もしました
七回目の北九州市開催を迎えた車椅子バスケットですが
ライジング福岡ニューウェーブ北九州も特に協力には名を連ねてはいないようで
NW北九州は今年、昇格の掛かったシーズンの重要な時期で無理な事ですが
「子供たちに夢と感動を」のモットーをサッカーの枠にとらわれず
広く健常者・障害者スポーツの支援とまでは無理にしても
その知名度を活かしたPR活動に協力等を行う
そんな市民クラブへと時間は掛かるだろうけど成長していって欲しいですね