いかすみのひとり言

興味ある事、気になる事の防忘録

稲童地区の掩体壕

稲童一号掩体壕、前回に来た時はあった、進入規制の柵が無くなってる
行橋市と書かれた車が止まっているから市の職員?何かやってる


駐車場に設置されている、周辺の戦争遺構の解説地図

今回は、海岸側から探してみると海へ延びる一本の舗装路が

私有地のようなので少し離れたところから

ここから飛び立ったのか、と思ったけど滑走路としては短すぎ
上記誘導路を示した地図にも何も記載がありません


上の掩体壕が私有地内にあるので、ぐるりと回って林の中へ

木々に囲まれた有蓋掩体壕

天井の穴は何の為?

経年劣化で剥がれ落ちたりと中に入るのは危なそうです


林に囲まれるほど、長い月日が経ちました


掩体壕は、コンクリート製の建造物という先入観があったけど
考えてみれば、無蓋のものはコンクリ製ある必要はないよな
という事で画像は草ばかりで判りにくいけど、無蓋の掩体壕跡だと思う
おそらく田んぼの部分が誘導路
次は、草刈の時期にもう一度