いかすみのひとり言

興味ある事、気になる事の防忘録 450×253

【前面展望】まだ単線、もうすぐ複線、若松線 折尾~本城駅往復

【前面展望】まだ単線、もうすぐ複線、若松線 折尾~本城駅往復

f:id:ikasumi:20200520163435j:plain
2019年(平成31年)3月16日のダイヤ改正にあわせ高架化した
若松線(筑豊本線)が発着する6・7番ホーム筑豊本線は若松~飯塚駅間は
複線となっていましたが、この変更により本城~折尾間が単線化
実質的には単線化の前から複線のメリットを生かせる程の
運行数ではありませんでしたが
再複線化の工事が行われそろそろ複線化工事が終了しそうな雰囲気が
SNSでも複線開業の予想日で賑わうようになりました。
乗車車両はBEC819系で自動アナウンスで「ドアは自動では開きません」と
アナウンスはされていますがスマートドア(半自動ドア)の機能は停止させ
新型コロナウイルス感染拡大防止の為に
換気とボタンへの接触を避けるため全自動ドア運用となっています。

【前面展望】まだ単線、もうすぐ複線、若松線 折尾~本城駅往復

折尾駅バス停の朝ラッシュ、北九州市営バスと西鉄バス北九州

f:id:ikasumi:20200522170920j:plain
f:id:ikasumi:20200522170935j:plain
f:id:ikasumi:20200522170951j:plain
f:id:ikasumi:20200522171005j:plain
折尾駅北口の折尾駅バス停は1~4番乗場まであり
北九州市営バスで最大規模
撮影は1時間当たりで一番発本数の多い時間帯を選び
06:45~08:00位まで
北九州市営バスは新型コロナウイルス緊急事態宣言による
間引き運転は行っていませんでしたが利用者減による影響を受け
本来は秋に予定していたダイヤ改正を5月25日月曜日に前倒し
その内容は現在の土曜日ダイヤを平日ダイヤに移行する減便ダイヤ
そのままでは通勤通学時に不足すると思われる路線には
臨時便の増便で対応し全体で運行本数を90%へ削減
この動画の撮影時間帯だと時刻表上折尾駅発が17本が14本となります。
西鉄バス北九州は減便対応を行っていましたが
5月18日より一部路線を除き通常ダイヤに戻っています。

撮影は2020年5月25日、ダイヤ改正前の5月20日
朝06:45~08:00頃
本来なら沢山の通学生がいるはずなのですが
新型コロナウイルスによる緊急事態宣言は解除されても
一斉当校は25日からの為、まだまだ少ないです
問題はその25日がダイヤ改正日
ちゃんと改正内容が伝わっているとよいですが

折尾駅バス停の朝ラッシュ、北九州市営バスと西鉄バス北九州 2020年5月20日

折尾駅西口バス停・移転、北九州市営バス・西鉄バス北九州

f:id:ikasumi:20200520212339j:plain
折尾駅高架工事により臨時バス停となっていた
折尾駅西口バス停が
北九州市営バスは2020年3月26日、西鉄バス北九州は2020年3月29日
本来のバス停に戻りました。
折尾駅西口バス停は乗り入れる両社同じ場所
北九州市営バスは起終点バス停
西鉄バス北九州は途中バス停
f:id:ikasumi:20200520212412j:plain
北九州市営バス終点となっていた
臨時バス停跡、手前側が西鉄バス、奥側が市営バス
f:id:ikasumi:20200520212432j:plain

折尾駅西口バス停・移転、北九州市営バス・西鉄バス北九州