いかすみのひとり言

興味ある事、気になる事の防忘録 450×253

街やお祭り行事に風景

ようやく明けた梅雨の空

2020年の梅雨明けは7月30日ごろと例年より11日遅く昨年より5日遅いものでした。 【タイムラプス】ようやく明けた梅雨の空

梅雨明け切らぬ7月の雲

添田町にて梅雨の空をタイムラプス撮影 【タイムラプス】梅雨明け切らぬ7月の雲

iPhone・iPadのタイムラプス機能

iosが古くカメラ機能も劣り 自宅でのYouTube観賞専用機になっている iPadがあるのですが タイムラプス撮影には対応しているので 撮影のサブ機にならないかと試してみました【タイムラプス】コンクリート工場と雲【縦動画】 注意点はiPhone・iPadのタイムラプ…

はしご車の始業点検・北九州市消防局

【タイムラプス】小倉・浅野の朝 小倉北区浅野にて朝の海と雲 【タイムラプス】小倉・浅野の朝 はしご車の始業点検・北九州市消防局 北九州市消防局・小倉北消防署・浅野分署 ほくしょう30940m級はしご車 はしご車の始業点検 はしご車の始業点検・北九州市…

小倉港浅野から見た雲

松山・小倉フェリー・くるしま、小倉港へ接岸 フェリーくるしまの小倉港への接岸 フェリーくるしま 小倉港接岸 松山・小倉フェリー 小倉港浅野から見た雲 朝焼けの時間から間を開けながら タイムラプス撮影で雲を撮ってみました。 【タイムラプス】小倉港浅…

梅雨の空

色んな場所で梅雨の空を見てみた 【タイムラプス】梅雨の空

ハローキティと若戸渡船がコラボ

ハローキティと若戸渡船とコラボ 2021年3月末日期間限定で若戸渡船の両待合室に 北九州市観光大使のハローキティ顔だしパネルを設置 戸畑渡場の二階事務所にて 千五百セット先着限定で ステッカーセットを配布中 戸畑渡場にはわかと丸とキティちゃん 若松渡…

スマホ向け縦型動画

縦向きに撮るとスマホの画面に合わせて再生してくれるらしいので撮ってみた。 【縦動画】梅雨の雲【スマホ推奨】 【縦動画】梅雨の雲【スマホ推奨】 【縦画面】採銅所駅【スマホ推奨】 【縦動画】採銅所駅【スマホ推奨】

梅雨の合間の雲

梅雨の合間の雲 雨が小休止中の 梅雨の合間の雲 【タイムラプス】梅雨の合間の雲田舎な駅から見た雲 【タイムラプス】田舎な駅から見た雲 SUGOCAに100円チャージできる? 券売機では千円単位のチャージになりますが のりこし精算機では不足分のみのチャージ…

福智山と雲・アジサイと雲・若戸大橋の夕暮れ

雨上がりの午前中の福智山 タイムラプス撮影で雲を撮ってみました。 【タイムラプス】福智山と雲紫陽花と雲 ことしは若松あじさい祭りは中止となり残念でした。 【タイムラプス】紫陽花と雲若戸大橋の夕暮れ 夏至の前日 若戸大橋を夕暮れからライトアップ 【…

松本零士大好き北九州市の小倉駅

漫画家、松本零士さんの出身地として 色んなコラボが街中にあります メーテルさんな小倉駅 小倉駅以外にも小倉競馬場や 先日行った時は見なかった気がしますが 小倉競輪場のメディアドーム 中学校や公民館に壁画やレリーフがあり 路線バスが走っていた頃もあ…

萌え巫女人形のおみくじ自動販売機

以前は観光地などでおみくじの自動販売機をみることはありましたが もっと和風な雅なお人形さんだたよな なんで地方都市駅前街中のゲームセンターにおみくじの自販機がと思いますが すくなからず訪れるインバウンド需要のようで 観光で訪れる各国の言葉で説…

中学校の校舎に松本零士作品が

北九州市内の中学校には 校舎に漫画家松本零士さんによる レリーフとタイル画があります 私が知るのは、この一校だけですが 他の学校にもあるのでしょうか? 松本零士さんの出身高校の 公立小倉南高校には 著作物の展示はありますが 壁画やレリーフはありま…

北九州アイアンツリー 工場夜景

本日開催された「全国工場夜景サミットin北九州」に合わせて 新日鐵住金小倉工場の高さ205mある煙突をライトアップ LEDライトが寿命を迎える7〜8年後まで週末の夜を彩るそうです この近くに建設予定の新球技場の完成時は まだライトアップ中なのでギラ…

井手浦の尻振り祭

その昔、出雲の国(現在の島根県)で八岐大蛇(ヤマタノオロチ)が大暴れして、その地域の人々と供に須戔鳴尊(すさのおのみこと)が退治したとき、尻尾が平尾台の麓の井手浦まで飛んできて、その年は10数年ぶりの大豊作になったという伝説に因んでいます。…

多賀神社

前回来た時と様子が違うぞ 四人の氏子が、その年に収穫された新米を おのおの井戸で洗い清め多賀神社の神様へお供えする神事 『大御饌供進』(おおみけぐしん)が行われたのでしょうか? この四つの井戸の内、二つは前回見たので残りの二つを探す 多賀神社を…

お汐井汲みの場

上記の廃線跡のすぐそばにこんなものが 江戸時代の1802年(享和2)、戸畑村で疫病が蔓延した際に須賀大神に祈願したところ終息し 翌年1803年(享和3)7月、村人が山笠をつくり神社に寄進 このことが戸畑祇園の始まりだそうです。 お汐井汲みは海水で山笠台の四本…

多賀神社

四人の氏子が、その年に収穫された新米を おのおの井戸で洗い清め多賀神社の神様へお供えする。 この神事から、志井(四つの井戸)という地名がついたそうです。 この四つの井戸は現存していると、先日CATVで見ましたが 映像以外具体的な場所の紹介がなかった…