いかすみのひとり言

興味ある事、気になる事の防忘録

呉川眼鏡橋

仲哀随道建設部材運搬の為に、1886年(明治19年)に築かれる
福岡県に現存する石橋は約54基(人目に付き難い山間部を除く)現存していますが
その多くの50基が県南の筑後地方に集中しており
県北では、遠賀川水系に二基(ここを含む)と小倉南区の紫川の春吉眼鏡橋が残るだけだそうです。

参考文献:北九州・筑豊の近代化遺産100選